近年、メンタルヘルスの不調に悩む
人が増えています。

労災請求・認定においても精神障害等に係る
請求・認定件数が増加
しています。


以前の記事でも触れましたが、
2016年に精神疾患を発症し、
労災認定を受けた人は498人

これは過去最多を更新する件数でした。

社会全体としても、メンタルヘルス対策
非常に重要な課題と言えるでしょう。

pose_atama_kakaeru_man

しかし、その理解はまだまだ十分とはいえず、
様々な誤解偏見が存在します。

メンタルヘルス対策を進めるには、
心の健康問題に対する
これらの誤解を解くことが大切です。


メンタルヘルスのよくある誤解について、
2回に分けてご紹介します。

shinpai_ojisan

よくある誤解その①

【メンタルヘルス不調は「心の弱い人」
「気合の足りない人」
の問題である?】

これは心の健康問題において
とても多い誤解です。

メンタルヘルス不調は、
誰もなる可能性があります。

個人の要因によって
軽度のストレスで起こる人もいれば、
環境が影響し強いストレス状況下で
起こる人もいます。

stress_woman
 

「脆弱性ストレスモデル」という理論があります。

メンタルヘルス不調は、
個人の病気のなりやすさと、
ストレスを引き起こす環境が
絡み合って起こると考えるものです。

企業においては、個人の問題ではなく、
職場というシステムの問題
と考えねばなりません。

 

つまり「心の弱い人の問題である」というのは
誤解であり、正しくは

【誰でもメンタルヘルス不調になる可能性がある。
職場の問題として対処する必要がある】

と言えます。


個人の問題と考えるのではなく、
職場環境改善
メンタルヘルス対策の周知徹底
上司など監督者の管理能力や
対処能力の向上などの対応が必要です。


pose_genki09_businessman

そしてメンタルヘルス不調者を
手遅れにならないうちに医療につなげる
システムを構築しましょう。





企業のリスクマネジメント・
メンタルヘルス対策に関するお問い合わせは

(株)セーフティゲート 076-220-6557 
または
info@safetygate.jp まで。

ホームページ、リニューアルしました。

http://www.safetygate.jp/