中小企業の経営者には、いい意味でも悪い意味でも『ワンマン経営者が多いと思われます。

ワンマンであるからこそ、意思決定が早く、大きなチャンスを得たり、
逆に経営判断の失敗によるリスクも考えられます。

特に創業期には、リスクを取り、経営者のマンパワーにより、会社を引っ張っていく必要があります。
ただ、成長期以降、マンパワーばかりに頼っていては、大きなリスクが伴います。

   攻めるための事業保険①<創業期>

私の友人であったり、知り合いにも素晴らしい経営者がいますが、
まだまだ経営者のマンパワーに頼っている会社が多いように思えます。

マンパワーに頼りすぎていると、万が一の際、
存続の危機に陥ってしまう可能性があるのです。

shinpai_ojisan

まず一つ目のリスクとして
経営能力、技術力、信用力と経営者に頼っている訳であるから、
万が一の死亡による倒産リスクが大きくなります。

経営者の死亡により、従業員、取引先、金融機関などが、引き上げてしまって、
一気に経営危機に陥る可能性が考えられます。

死亡による倒産リスクを回避するためには、
成長期に入った企業(創業期にはマンパワーでも仕方ない)においては、企業内において、
NO2の育成や外部からの招へいなども含めて、信頼できるリーダーを作っておく必要があります。

    攻めるための事業保険②<成長期>

kaisya_tousan

また、やむを得なく、会社を解散する場合にも、
退職金や借入金の返済、今後の家族の生活費も必要となるため、
経営者保険などで準備しておく必要もあるかと思えます。

    『他はどうなの?』社長の保険≪データ分析≫


加えて、経営判断の誤りに関するリスクも考えられます。
経営者の力が大きくなり過ぎて(カリスマ経営者)、まわりから、都合のよい情報しか入ってこなくなり、
情報不足により、意思決定を誤り、経営危機を招いてしまう可能性もあります。


このような事態を防ぐためにも、
経営幹部や専門家、他社の経営者などをメンバーとした
『もの申せる経営会議』が必要になるかと思えます。
当然、発言の自由は保障しなければいけません。

kaigi_man

中小企業にはワンマンリスクが多くあります。
このような事態に陥らず、企業が成長し続けるためにも、
経営者には、リスクマネジメントが必要となるのです。
(西田)


  0107a

企業のリスクマネジメント・
経営者保険に関するお問い合わせは

(株)セーフティゲート 076-220-6557 
または info@safetygate.jp まで。

ホームページ、リニューアルしました。

http://www.safetygate.jp/