先日の土曜日、関東地区では、雷と雹の被害があったようです。

多数の落雷や雹、豪雨により、土砂崩れや停電、道路の冠水なども起こりました。
東京都内は2時間で1000発の落雷があったとする観測データもあります。

window10_arashi

今回多数の被害をもたらした雷と雹、火災保険においてはこの両方が補償されます。

 

については、リスクの分類として【火災・落雷・爆発】に含まれており、通常の火災保険での補償範囲に含まれます。ただし、「建物」のみしか火災保険に加入していない場合は、他のものに損害があっても保険金は支払われません。

他のものというのは、住宅なら「家財」、店舗や企業なら「機械設備」「商品」などです。

computer_desktop_bad

これらのものを対象とする火災保険に入っていないと、
落雷でパソコンや設備が壊れても、保険金を請求することはできないということです。

business_group_shock


 

については、風災・雹災・雪災】という自然災害のリスクに分類されます。

火災保険でこういった被害が補償されることをご存じでない方もいるかもしれませんが、風災・雹災・雪災は近年申請件数も保険金の支払いも多くなってきています。
snow_hyou

直径5㎜以上のものを雹と呼びますが(これ以下のものはあられです)、
ゴルフボールぐらいの大きさのものが降ることもあります。

直径が5㎝以上となると、なんと落下速度は時速100kmを超え、甚大な被害をもたらします。
kagu_window_broken

 


さて、最近の火災保険では新価実損払いの補償が多くなってきています。

時価払いでは、同等のものを新たに建築するのに必要な金額から、
年数の経過による減少分や使用による消耗分を控除して算出した額、
つまり現在の価値に基づいて保険金が支払われます。

一方、新価実損払いでは、保険の対象を再調達するのに必要な金額が、
実損払いで支払われます。

再調達…建物の修理や再築、家財の修理や新品の購入すること

実損払い…保険金額を限度として、実際の損害額を支払うこと

つまり、契約の保険金額を限度として、同等の状態に復旧できるだけの金額を基準に
保険金額が決まる支払い方が増えてきているのです。

company_white_kigyou


火災保険、建物を建てた時からそのままになっていませんか。
いつ起きるかわからない自然災害、
ご心配な方は、一度、保険証券を見直してみましょう。

リスクマネジメント・
火災保険、企業財産保険に関するお問い合わせは

(株)セーフティゲート 076-220-6557 
または
info@safetygate.jp まで。

ホームページ、リニューアルしました。

http://www.safetygate.jp/  




人気ブログランキング