昨年12月に始まったストレスチェック制度について、
200人未満の企業では実施した企業が20.6%にとどまっていることがわかりました。

  business_stress_check_paper

先日の日経新聞によると(クリックすると記事に移動します)
1000人以上の企業では約半数が実施済みだが、人数が少なくなるごとに減り、
200人未満では5社に1社にとどまっています。

この記事では、原因として費用や人員に余裕がないことが主な要因ではないか記載されています。

  ニュース2

くわえて、28年11月末までにストレスチェックテストを行うことが義務ではあるが、
現状では、法律上の罰則がないことが大きな原因ではないかと考えられます。

しかし、労働契約法労働安全衛生法では、平成20年以降、安全配慮義務が明文化されております。
1
そういった中、ストレスチェックを行っていない企業で労働者が精神障害となった場合は、
安全配慮義務違反により、多額の賠償金が発生してしまうリスクがあります。


  pose_zasetsu

企業経営において、メンタルヘルス対策を行わないことによるリスクは、年々大きくなっております。

賠償金の高額化に加えて、メンタル不調者の増加、風評リスクなど、
放置するにはリスクが大きすぎると考えられます。

これは、50人未満の企業にとっても同様となります。


 monshin_woman_doctor

たしかに、コストは大きくなってしまうかもしれません。

しかし、考え方を変えれば、企業にとってメンタルヘルス対策を行うことによって、
「企業の不安を減らし、従業員の生産性を高めるチャンス」と考えることもできるのではないでしょうか。


 0107b
損害保険トータルプランナー
メンタルヘルスマネジメント
EBアドバイザー(福利厚生管理士) 西田


(株)セーフティゲートでは、保険や福利厚生サービスを通じて
中小企業のメンタルヘルス対策のサポートを行っております。

また、
無料で労務リスク簡易診断サービスを行っております。

ご相談、お問い合わせは
(株)セーフティゲート 076-220-6557
または
info@safetygate.jp までお気軽にご連絡ください。(全国対応可)

ホームページ、リニューアルしました。

http://www.safetygate.jp/