健康経営」が注目されています。

健康経営(けんこうけいえい)とは、従業員の
健康増進を重視し、健康管理を経営課題として捉え、その実践を図ることで従業員の健康の維持・増進と会社の生産性向上を目指す経営手法のことです。その始まりは、アメリカにおいて1992年に出版された「The Healthy Company」の著者で、経営学心理学の専門家、ロバート・H・ローゼン(Robert H. Rosen)が提唱したことによるとされています。(ウィキペディアより)

business_circle_arms


先日の日経新聞でも【「健康経営」投資に新風】として、健康経営に力を入れている企業の株価も元気だと記載されていました。

株価に加えて、健康経営銘柄に選ばれると、「採用活動に有利」や「イメージの改」につながるといわれております。

記事には、米ジョンソン・エンド・ジョンソンの実際の例が書かれており、診療所の拡充や医療スタッフ増員などの健康経営に1ドル投資したら、生産性向上医療費削減採用面の効果などで見返りが3ドルになったということが書かれておりました。

ニュース2

たしかに、従業員がケガや病気になって働けなくなった時の損失は大きく、メンタルの不調も同様だと思われます。

健康経営により、従業員が健康でいきいきと働くことができる環境があれば、生産性・イメージ・業績の向上もはかれるのではないでしょうか。【労働生産性について(クリックすると以前の記事へ移動します)


gym_running


では、日本でユニークな健康経営を行っている企業の一例をあげてみますと、

ある企業では、非喫煙者と禁煙宣言者には手当を支給しているようです。
(「日本で一番やる気が上がる会社」より)

同社では、「喫煙しない社員」には、年間3万円の手当てを支給しているようです。
また、「3年以上喫煙している社員」が『禁煙宣言』すると、一般社員だと5万円支給されるようです。
ただし、喫煙してしまうとその倍企業に支払わなければいけないそうです。

その他では、 健康診断によってご褒美ランチがでる会社もあるようです。
(「日本で一番やる気が上がる会社」より)

こういったユニークな企画を社長自らが率先して行えば、会社に元気が生まれそうですね。

kinen_mark

そこまでは行わないとしても、
企業には、社員に対して安全配慮義務健康に関しても配慮する義務があります。
安全配慮義務と自己保健義務について


そして、現在、安倍政権では『働き方改革』をすすめております。
特に今後「長時間労働」にはさらに厳しく対処してくると思われます。

【『サブロク協定』と『安全配慮義務』について】 (以前の記事へ移動します)
【厚生労働省 労働基準法等の一部を改正する法律案の概要】 (厚生労働省ページ)

このように、今後は健康経営を行うというより、行わなければいけない時代が来るかもしれません。しかし、これをチャンスとしてとらえ、生産性の向上、組織の活性化をはかっていくことが必要になると思われます。  (EBアドバイザー・福利厚生管理士 西田)

168578

(株)セーフティゲートでは、保険や福利厚生サービスを通じて
従業員のメンタルヘルス対策や健康管理サポートを行っております。


また、無料で労務リスク簡易診断サービスを行っております。


(株)セーフティゲート 076-220-6557または
info@safetygate.jp まで
お気軽にご連絡ください。(全国対応可)

ホームページ、リニューアルしました。

http://www.safetygate.jp/