損害保険各社は、自動車保険の保険料を車種ごとの事故率に
反映させる仕組みを軽自動車にも導入する予定です。


  car_keijidousya


これまでは、軽自動車に関しては車種に関係なく、保険料が決まっておりました。

しかし、その他乗用車の保険料は、
型式によって事故や盗難に遭う確率(損害率)が異なることや、
事故後の修理費にも差が出やすいため、

型式ごとに異なる損害率の違いを保険料に反映させる
「型式別料率クラス制度」
を01年から導入しておりました。

  0-44


そして、この仕組みが2018年をめどに軽自動車にも導入される事になりそうです。

若者に人気の軽自動車などは、保険料が上がるのではないでしょうか。
逆に人気のない車種は、保険料が下がるかもしれません。

型式によって、1万円前後の増減があるのではないかと言われています。


   234515

企業のリスクマネジメント・自動車保険に関するお問い合わせは
(株)セーフティゲート 076-220-6557 
または
info@safetygate.jp まで。

ホームページ、リニューアルしました。

http://www.safetygate.jp/