今朝の日経新聞より、
平均寿命が延びていることにより死亡保険などの保険料が
2018年4月より下がるという記事が出ておりました。

しかし、長生きにより病気のリスクは高まると想定され、
医療保険の保険料は上がる可能性があるようです。

ニュース!


先日まで、金利の低下により、生命保険会社の各社が運用難により、
貯蓄性保険の保険料が4月より上がるというニュースが多く流れておりました。


保険料が上がったり、下がったりと、
どういった基準で保険会社は、料金を決めているのでしょうか?

084162

これは、生命保険会社の本業の儲けを示す
「死差益」「利差益」「費差益」という『三利源』の考え方により、
保険料が決められているからです。


168578

解説いたしますと、

「死差益」・・・
予定死亡率によって見込まれた死亡率よりも、実際の死亡率が少なかった場合に発生する利益

「利差益」・・・
予定利率によって見込まれた運用収入よりも、実際の運用収入が多い場合に発生する利益

「費差益」・・・
予定事業費率によって見込まれた事業費よりも、実際の事業費が少なくてすんだ場合に発生する利益

ニュース2

となっており、本日の記事は、
いわゆる「死差益」によるものが、大きな要因となっております。


金利の低下による運用難のニュースは
「利差益」の低下による保険料の上昇によるものです。


ついでに「費差益」とは、広告費や管理費、人件費などにあたり、
大手生命保険会社やネット生命保険会社は、こちらが大きく変わってきます。
各保険会社は、こちらを上げるため「生産性の向上」により、企業努力が行っている訳です。

images

ちなみに損害保険の『三利源』とは、
「利差益」「費差益」「危険差益」となっております。


「危険差益」とは、予定されていた損害(自然災害・事故など)が、
実際に少なかった場合に発生するものとなっております。





今後、自動車の自動運転が始まるとすると、
この危険差益が下がることとなり、保険料が下がると想定されます。

car_jidouunten_man

このように保険料は、決められており、
経済・政治・環境など様々な要因により、
定期的に改定されている訳です。


  0107b

企業のリスクマネジメント・福利厚生に関するお問い合わせは
(株)セーフティゲート 076-220-6557 
または info@safetygate.jp まで。

ホームページ、リニューアルしました。

http://www.safetygate.jp/