にっしーの法人保険・福利厚生   情報局

中小企業向け法人保険(主に損害保険)・福利厚生情報を定期的に発信しております。 全国対応で相談にも応じております。 http://www.safetygate.jp/

2015年05月

【情報提供】◆地震保険料 値上げ◆

本日、日本経済新聞の一面に『地震保険料2~3割値上げ 家庭向け、来秋にも』
という記事が出ておりました。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGC25H0I_V20C15A5MM8000/ (日経ニュース)
数日前にも、ニュースで言われておりました。↓
http://mainichi.jp/select/news/20150504k0000m020076000c.html (毎日新聞)

bne103-4


地震保険とは、政府と損害保険各社が共同で運営するもので、記事では、来秋以降、段階的に保険料を平均で2~3割の引き上げで調整するとのことです。


南海トラフや首都直下型自身の最新のリスク評価を折込み、保険金の支払い余力を高め、
巨大地震への備えを固める狙いと書かれております。


昨年7月にも全国平均で15.5パーセントの値上げがあったばかりですが、
早ければ、来秋にはさらなる値上げがあり、家計への負担が大きくなりそうです。

具体的には、
東京都内の主に非木造場合、保険金1000万円あたりの保険料として、
4000円から6000円の負担増になると書かれております。

北陸地方だと、ここまでの負担はないと思われますが、
可能であれば、今年、来年の秋までに長期一括払いでの地震保険料として、最長5年分までの支払いが可能となっているため、検討されても良いと思われます


さらに、記事には、大手損保が独自に手掛ける企業向けの地震保険のも値上げになる
可能性があるとも書かれており、もともと国の補助がない企業の地震保険が値上げすると、
企業にとっても大きな負担になると思われます。


損害の区分見直しも検討されており、
従来は、全額出る「全損」、50%程度の「半損」、5%程度の「一部損」と3区分だったものが、
「半損」を二つに分けるなどして、新しい区分が検討されているそうです。 (西田)
                                        
20100304_1-thumb


家庭向け・企業向け地震保険に関するお問い合わせは
(株)セーフティゲート 076-220-6557 または info@safetygate.jp まで。



「特別加入制度」の限界

事業主の「特別加入制度」

今回は「特別加入制度」の限界についてご紹介致します。

事業主の方々の中には、ご自身の業務中のケガに対して
労災保険の「特別加入」
ご準備されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、この「特別加入」の補償にも”限界”があることはご存知ですか。
「特別加入制度」の主旨として、          top081126

『労働者ではないが労働者に準ずる者(中小事業主等)に対して、

労災保険の加入を認め、労働災害について保護を図る』
というものがあります。

この労働者に準ずる”という部分がです。

つまり、「これも(事業主にとっては)仕事のうちだよ」と思っている業務が、
特別加入制度では労働者の業務としては認められないケースがあります。


では、下記の5つの事例は、それぞれ保険給付の対象になるでしょうか?

①所定労働時間内での(労働者・社員としての)通常業務のケガ

②出勤途中の交通事故


③役員会主席の為、本社へ向かう途中の交通事故


④所定労働時間内に経営者集会に参加していた時のケガ


⑤所定時間労働外に事業主のみで業務をしていた時のケガ
あくまでも一般的な事例ですがkega_matsubadue
対象となる可能性が大きい………①、②
対象とならない可能性がある…③、④、⑤

事業主の方は様々な業務をこなしていらっしゃいます。
「特別加入制度」は通常業務のケガには安心かもしれません。

しかし、通常業務以外もこなさなくてはいけない事業主であるのなら
24時間補償される民間の保険などを一度検討してみる必要があると思われます

 

リスクマネジメント・保険商品に関するお問い合わせは
 (株)セーフティゲート076-220-6557 もしくはinfo@safetygate.jp へお問い合わせください。

ギャラリー
  • 【健康経営】 なぜ今、健康経営なのかⅡ
  • 【健康経営】 なぜ今、健康経営なのかⅡ
  • 【健康経営】 なぜ今、健康経営なのかⅡ
  • 【健康経営】 なぜ今、健康経営なのかⅡ
  • 【健康経営】 なぜ今、健康経営なのかⅡ
  • 【健康経営】 なぜ今、健康経営なのかⅡ
  • ライブドアブログ