4月28日厚生労働省より、平成26年の労働災害の発生状況を公表いたしました。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei11/rousai-hassei/index.html


死亡者数は 1057件 ( 前年同期比 +27件 2.6%増加  )
重大災害    292件  (   前年同期比 +48件 19.7%増加 ) 
[重大災害・・・主に一度に3人以上の死傷者を伴う労働災害]

全体の死傷者数は 119,535人 ( 前年同期比 +1,378人 1.2%増加 ) となりました。

top081110


死亡災害の発生状況として、業種別として

製造業  180人 ( 前年同期比 △21人 10.4%減少 )
建設業  377人 ( 前年同期比 +35人 10.2%増加 )
陸上貨物運送事業 132人 ( 前年同期比 +25人 23.4%増加 )

うち重大災害は、全産業で 292件 ( 前年同期比 +49件 19.7%増加 ) となっておりまして、

死亡者数、死傷者数と建設業では大幅な増加となっております。


illust3660


平成25年の労働災害状況は前年度に比べ全体的に減少したのですが、
今回平成26年は、前年度比で増加しており、特に重大災害の増加率が大きかったものと思われます。

これは、消費税増税にともなう駆け込み需要や、景気回復に伴って人手不足が発生したため、
労働者に負担がかかってしまった結果ではないかと考えられます。

そのため平成27年1~3月には、労働災害の件数自体は減少しておりますが、
重大災害件数は増えており、労働者への負担は、相変わらず大きいものだと思われます。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei11/rousai-hassei/index.html

中小企業にとっては、重大災害は企業の存続問題にかかわってきます。
日々、安全衛生管理を怠らず、様々なことを想定して、リスクマネジメントを行っていく必要があると思われます。 (西田)


bn1-664

リスクマネジメント・業務災害保険のご相談は(株)セーフティゲート076-220-6557まで