にっしーの法人保険・福利厚生   情報局

中小企業向け法人保険(主に損害保険)・福利厚生情報を定期的に発信しております。 全国対応で相談にも応じております。 http://www.safetygate.jp/

企業のトータルリスクマネジメント業務
企業向け労災保険・賠償保険などのご提案
企業向け福利厚生サービスのご提案
企業向けメンタルヘルス・マネジメントの情報提供

【メンタルヘルス】 最新の「過労死等の労災補償状況」より

厚生労働省公表の

平成28年度の「過労死等の労災補償状況」

についてまとめました。

 

1.脳・心臓疾患に関する事案の労災補償状況

請求件数 825件。

支給決定件数は260件、

うち死亡件数は107件と

全て昨年に比べ増加。

 

業種別では「運輸業、郵便業」

 職種別では「輸送・機械運転従事者」が多い。

 

年齢別では5059歳」

時間外労働時間別支給決定件数は

80時間以上~100時間未満」が最も多い。

    roujin_sinzouhossa

 

2.精神障害に関する事案の労災補償状況

請求件数 1,586件。

支給決定件数は498件と増え、

うち未遂を含む自殺の件数は前年度比9件減の84件。

 

業種別では「医療・福祉」の請求が多く

支給決定件数は「製造業」が最も多い。

職種別では「専門的・技術的職業従事者」が多い。

 

年齢別では4049歳」

時間外労働時間別支給決定件数は

20時間未満」が最も多い。
 
   karou_man
☆詳細資料は こちら

また、労働災害発生状況は

死亡災害928人(昨年比44人減)

4日以上の休業災害は117,910人(1,599人増)

 

平均値に直すと、毎月77人の方が業務災害で

お亡くなりになっているということになります。

pawahara_man

これらより、わかることは、
脳心疾患の労災支給決定では、
時間外労働の長い方が多いですが、

精神障害に関する労災請求においては、
時間外労働時間とは、あまり関係なく、
労災支給決定が行われているという事がわかります。

内訳をみると、
いじめ、嫌がらせ、または暴行という原因が多いようです。

これらを防ぐためにも
企業として、前回も述べましたが
【メンタルヘルスケアの目的と取組み②】

メンタルヘルス対策には、
会社全体で、本気で取り組むという姿勢を、
経営者がまず宣言する必要があるのです。

leader_man


企業のリスクマネジメント・
メンタルヘルス対策に関するお問い合わせは

(株)セーフティゲート 076-220-6557 
または info@safetygate.jp まで。

ホームページ、リニューアルしました。

http://www.safetygate.jp/  

【メンタルヘルス】メンタルヘルスケアの目的と取組み②

今回は、前回
【メンタルヘルスケアの目的と取組み①】
に引き続き、企業管理監督者
個人それぞれの具体的な取組みをあげたいと思います。

0107b
企業組織のメンタルヘルス対策

事業者による明確な意思の表明・・・

メンタルヘルスケアを福利厚生といった
任意性の高い活動ではなく、
事業活動として積極的に取り組むべき
活動
と位置付けることが可能となる。


衛生委員会の活用・・・

具体的な計画を策定し、
事業場の中長期計画に盛り込み、予算化する。


心の健康づくりのための体制づくり・・・

・責任者を決め、推進のための組織、
  関係者の役割や育成方法を明確にする。
事業場外資源を活用する。
・個人情報を取り扱うルール作りをする。
プライバシーに配慮する。
・定期的な見直しを行う。

leader_man
管理監督者によるメンタルヘルスケア
(ラインによるケア)


職場環境の改善・・・

・日常の職場管理の中で、
  部下の仕事状況を把握する。
・負担や困難について、注意して観察する。
・ストレスチェック制度の集団ごとの集計・
  分析結果を活用する。


部下の事例性の把握・・・

・『職場の平均的な姿からのズレ』と
  『本人の通常の行動様式からのズレ』に注目する。
・特に『本人の通常からの行動様式からのズレ』は
  『いつもと違う』という変化であり、重要になる。
mensetsu_group_discussion

従業員に対する相談対応・・・

・日常的に従業員個人からの
  自主的な相談に対応するように努める。
・部下の気持ちを十分に聴き、
  必要に応じて産業保健スタッフへ相談を促す

積極的に相談機会を設ける必要がある従業員

・長時間労働による過労状態の人
・強度の心理的負荷をともなう出来事を経験した者
・個別の配慮が必要と思われる人


メンタルヘルス不調者の職場復帰支援・・・

・事業場内産業保健スタッフに必要な情報を提供し、
  復帰後の配慮事項などの助言を受ける。
・復帰後の言動、業務遂行能力の変化を
  把握するなど、フォローが重要となる。

hikikomori_man

従業員個人のメンタルヘルスケア(セルフケア)

ストレスへの気づき・・・

自分のストレスや心の健康管理について、
適切に認識する。ストレスチェックを受検し、
セルフケアを行う。


ストレスへの対処・・・

自分のストレスを予防・軽減する方法を身につけ、
ストレス対処能力を向上させる。


自発的な相談・・・

家族や同僚など、身近な人に相談する。
また、産業保健スタッフや事業場外資源にも、
自主的に相談
する。

kaisya_soudan_man_man

このように企業管理監督者
個人それぞれの取組みがあってこそ
メンタルヘルスリスクを回避でき、
生産性の向上にも繋がっていくのです。


企業のリスクマネジメント・
メンタルヘルス対策に関するお問い合わせは

(株)セーフティゲート 076-220-6557 
または
info@safetygate.jp まで。

ホームページ、リニューアルしました。



http://www.safetygate.jp/  

 


人気ブログランキング

【メンタルヘルス】メンタルヘルスケア活動の目的と取組み①

メンタルヘルスケアの活動には
一次予防・二次予防・三次予防があります。
今回は、この活動目的と取組みについて述べたいと思います。


一次予防としては、
病気にならないように行う取組み を指します。
company_roudou_kumiai
具体的には、

・ストレスチェック制度を活用し、
 メンタルヘルス不調を防止する。
(ストレスチェックの目的は、一次予防である。)

・従業員の職場生活について質の向上をはかる。

・職務満足度を高め、モチベーションを維持する。

・事業場の生産性や活力の向上をはかる。


これらは、健康な人も含めたすべての従業員と
組織全体に対する取組みが重要となります。

健康経営についても一次予防が主な目的となります。


二次予防としては、
メンタルヘルス不調を早期に発見する ことになります。
medical_seishinka_woman
具体的には、

・治療や就業上の措置などを行う。

・病気の回復や円滑な職場復帰を促進する。

・自殺などを未然に防ぐ。


早期発見は、職場の戦力ダウンを防ぎます
メンタル不調になると、集中力や注意力低下を
まねくため、事故やトラブルを減らす効果があります。

企業には、安全配慮義務(健康配慮)があり、
責任を果たす義務があります。

三次予防としては、
すでにメンタル不調に陥っている従業員の対処となります。
meneki_bad
具体的には、

・休業している人に対し、
 職場復帰を円滑に行う必要があります。

・再燃、再発も防がなければいけません。

こちらは、2004年に厚生労働省が発表した
心の健康問題により休業した労働者の
職場復帰支援の手引き
を参考にし、
個々の事業場の実態に合わせ職場復帰支援
システムの構築を行うことが重要となります。


次回
「メンタルヘルスケア活動の目的と取組み②」では、
取り組み事例などをあげたいと思います。

(メンタルヘルスマネジメント・福利厚生管理士 西田)

企業のリスクマネジメント・
メンタルヘルス対策に関するお問い合わせは

(株)セーフティゲート 076-220-6557 
または
info@safetygate.jp まで。

ホームページ、リニューアルしました。



http://www.safetygate.jp/  

 


人気ブログランキング
ギャラリー
  • 【健康経営】 なぜ今、健康経営なのかⅡ
  • 【健康経営】 なぜ今、健康経営なのかⅡ
  • 【健康経営】 なぜ今、健康経営なのかⅡ
  • 【健康経営】 なぜ今、健康経営なのかⅡ
  • 【健康経営】 なぜ今、健康経営なのかⅡ
  • 【健康経営】 なぜ今、健康経営なのかⅡ
  • ライブドアブログ