にっしーの法人保険・福利厚生   情報局

中小企業向け法人保険(主に損害保険)・福利厚生情報を定期的に発信しております。 全国対応で相談にも応じております。 http://www.safetygate.jp/

企業のトータルリスクマネジメント業務
企業向け労災保険・賠償保険などのご提案
企業向け福利厚生サービスのご提案
企業向けメンタルヘルス・マネジメントの情報提供

ブログ移動いたしました。

ブログ移動いたしました。
お手数ですが、宜しくお願いいたします。 西田

https://ameblo.jp/nisshi-123?frm_id=v.mypage-checklist--profile------nisshi-123

【健康経営】 なぜ今、健康経営なのかⅡ

先日、カンブリア宮殿で
高速バス業界のトップ企業ウィラー』の特集が放映されておりました。

bus_kousoku_choukyori
ウィラーエクスプレスでは、
安くて快適な高速バスとを提供するとして、

リクライリングなどお客さんが
快適に時間を過ごせる様々なシート、
女性が乗りやすいようなサービス、
マーケティング等により、

バスの乗車率が80%を超える、
成長著しい、素晴らしい企業でした。

pose_anshin_woman


そういった中、事故を絶対に起こさないという、
『安全対策』にも細心の注意を払っていました。


その中でも、
ドライバーの健康には特にお金をかけているようでした。


   具体的には、

◎ ドライバーが休息できるように宿泊所の完備

◎ 健康診断の結果による報奨金制度

◎ 食堂でのヘルシーメニューによるカロリー管理、食生活の改善

◎ 保健師の常駐 

◎ 会社負担の脳ドックの検査

◎ 眠気対策など


medical_seishinka_woman


これらの投資は、
お客さんには直接わかりにくいですが、

ドライバーが健康対策を怠り、
運転中に心臓疾患や脳疾患などが発症してしまうと
お客さんの命の危険に直結し、大事に至ってしまう可能性があります。

これらを回避するこのような取組みが
まさに『健康経営』だと感じました。

business_katakumi

ここまで行うことにより、

従業員の就業満足度が上がり
顧客も安くて、快適で、安全であれば
お客さんも間違いなくウィラーを選択するでしょう。


結果、投資以上の利益を上げ、
企業として、さらなる成長がはかれることになると
思われます。

graph_up

これらは、
前回述べた下記の①~③の課題の解決にも直結しております。


①『健康経営』は、「従業員の健康を守ることが、会社の労働生産性を上げる」という観点から、大企業を中心に関心が高まっているが、中小企業での認知度はまだ低い。

生産年齢人口の減少従業員の高齢化人手不足の対応策として、従業員の健康維持、増進は企業が取り組むべき課題となっている。

国民医療費、健康保険料の負担を抑えるためにも健康経営が求められる。


小さくてもできる健康経営もたくさんあると思います。
自社でも検討してみるとよいかもしれません。


0107a
健康経営アドバイザー 西田


【健康経営】 なぜ今、健康経営なのかⅠ

現在、政府は
「働き改革」の一環として
様々な取り組みを行おうとしております。

そういった中、
企業にも、『健康経営』に取り組んでほしいと要望を出しています。

『健康経営優良法人』を目指そう! (以前の記事より)

company_white_kigyou


健康経営については、
以前も解説いたしましたが、

【業績が3倍に!?】『健康経営』と企業の業績向上 (以前の記事より)

graph_up

『健康経営』とは、
従業員などの健康管理を経営的な視点で考え、
戦略的に実践する経営手法のこと。
をいいます。

従業員の活力向上や生産性の向上などの
組織の活性化をもたらし、
結果的に業績向上や組織としての
価値向上へ繋がることが期待されています。

企業には、取り組みに係る支出を
コストと捉えるのではなく、
経営的な投資として、
前向きにとらえてほしいと思います。

287768

このように
『健康経営』という言葉が聞かれるようなった
背景としては、
日本が抱える構造的課題が考えられます。

ポイントとしては、

①『健康経営』は、「従業員の健康を守ることが、会社の労働生産性を上げる」という観点から、大企業を中心に関心が高まっているが、中小企業での認知度はまだ低い。

生産年齢人口の減少従業員の高齢化人手不足の対応策として、従業員の健康維持、増進は企業が取り組むべき課題となっている。

国民医療費、健康保険料の負担を抑えるためにも健康経営が求められる。

karou_man

このような背景より
健康経営』は、今後、企業の生き残りをかけても
必要不可欠なってきているのです。


次回は、解説などをしていきたいと思います。

その②へ続く~


0107b

健康経営アドバイザー 西田洋平

ギャラリー
  • 【健康経営】 なぜ今、健康経営なのかⅡ
  • 【健康経営】 なぜ今、健康経営なのかⅡ
  • 【健康経営】 なぜ今、健康経営なのかⅡ
  • 【健康経営】 なぜ今、健康経営なのかⅡ
  • 【健康経営】 なぜ今、健康経営なのかⅡ
  • 【健康経営】 なぜ今、健康経営なのかⅡ
  • ライブドアブログ